nijigen_box

二次元中心の雑多なブログです。 何かの合間や寝付けない時にサクッと読めるものを目指しています。

『ワイルドガンズ』を振り返る【Nintendo Switch Online対象】

Nintendo Switch Online』で遊べるタイトルの1つに『ワイルドガンズ』というものがあります。

このゲームは1994年にスーパーファミコンで発売したもので、熱狂的なファンが存在しメルカリなどで高値で取引されていたレトロゲームの1つです。

そんな『ワイルドガンズ』が『Nintendo Switch Online』に加入していれば遊べるようになりました。

システム

キャラクターと照準を動かすアクションとシューティングの要素を掛け合わせたシステム。

通常時はキャラクターを動かし射撃時に照準を動かすのですが、慣れないうちはこの切り替えが上手くできないので、初プレイなら難易度設定をEASYから始めることをオススメします。

ボタンは攻撃、ジャンプ、自機が無敵になり画面内すべての敵にダメージを与えるボンバーの3つのみですが、ジャンプは2段ジャンプが可能、ジャンプ中に攻撃で無敵状態になるローリングが使用可能と、シンプルながら動かして楽しいゲームでした。

この2段ジャンプとローリングの存在が大きく、遊んでいて「もうダメだ」と思うような場面でもこの2つのおかげでどうにかなることが多く、『相手の攻撃をかわす→体勢を整えて反撃』の流れがステージ中に何度も起きやすく、それが面白さに繋がっていました。

また攻撃ボタンを連打することで投げ縄を投げ、素早い相手が現れても拘束して撃ち続けることができるので、ただ銃を撃って避けるだけのゲームではありません。

上記の他にガトリングというものもあり、これはワイルドガンズが自機と相手の弾丸が相殺する仕組みが元になっています。

相殺することでゲージが増加して溜まると自機が一定時間無敵になり、相手の攻撃を気にせずひたすら撃ち続けることができる状態がガトリングです。

ワイルドガンズはスーパーマリオシリーズのようにライフの概念がなく、どんな相手の攻撃でも当たったらやられたことになり、残機が無ればゲームオーバー。

そのためどんな相手の攻撃に注意する必要があるのですが、ガトリングならその場に立ったまま撃ち続けることができるので、実際にやってみると思った以上の爽快感がありました。

SF西部劇

賞金稼ぎのクリントと大地主の父を殺され復讐の機会を狙うアニーが、海賊キッドを追うストーリーでステージも酒場や列車の上、鉱山の入り口など西部劇らしさがありますが敵は違います。

ガトリング砲を持つ巨大なロボット、火炎放射器を放つ戦車、メカの力で空を飛ぶ人間等々、西部劇の枠を超えた様々な敵が登場。

かと思えばいかにも西部劇な姿をしたガンマンや、機械の馬に乗ったカウボーイも現れるので見た目的にも退屈しません。

その中では特にボスは攻撃も派手なら壊れるのも派手で、そういった面でも飽きずに遊ぶことができました。

操作に不慣れなうちは戸惑うことも多いですがクリアまで何十時間もかからるゲームではなく、『Nintendo Switch Online』に加入していれば遊ぶことができるので、加入している方には1度遊んでほしいゲームです。

youtu.beそんなワイルドガンズですが、現在PS4、STEAM、Nintendo Switchでリメイク版の『ワイルドガンズ・リローデッド』が配信中です。

画面を16:9対応にしたうえでオンライン対応、操作できるキャラクターとステージを追加したもの。

制作した『TENGO PROJECT』はレトロゲームのリメイクを手がけており、最新作は『奇々怪界 黒マントの謎』です。


www.youtube.com

ちなみにこのゲーム、なかよしで取り上げられています。

また『TENGO PROJECT』はTwitterにアカウントがあり、そちらでは企画時の資料も【ワイルドガンズ配信記念トリビア】というタイトルで公開しています。

こういった内容が1から9まであります。