nijigen_box

二次元中心の雑多なブログです。 何かの合間や寝付けない時にサクッと読めるものを目指しています。

アニメ『パリピ孔明』5~6話を振り返る【KABE太人回と孔明の罠】

新たにイベントや挿入歌アルバムの販売が告知されたパリピ孔明

5話は孔明がスカウトしようとしたラッパー、KABE太人(かべたいじん)にスポットが当たります。

前話と変わらずアニオリ多めの回であり、そのことに触れつつ孔明のKABE太人のやり取りについても解説していきます。

5話

第5話 孔明、韻を踏む

英子とオーナーが孔明がどんなラッパーを連れてくるかで、お互いにあれこれ話す場面から始まりました。ここのやり取りは完全なアニオリで、原作ではKABE太人が周囲の単語の影響されて口ずさむところから始まります。

KABE太人が通行人に絡まれ赤兎馬カンフーが乱入する流れや、KABE太人に絡んできた通行人が噛ませ兼解説役になる理想的なモブムーブも原作通りで、アニメではそこからKABE太人の生活が描かれました。

KABE太人はMCバトル選手権で三連覇したものの、急性胃潰瘍で倒れてからはラップを避けているものの、無意識のうちに口ずさんでしまう職業病のような状態。

そんなKABE太人の精神状態を表すかのように、5話は終始どんよりとした曇り空が広がっています。

日常生活では生きているだけで様々なストレスに晒されるKABE太人ですが、それまでの描写の全てがジャージ姿の孔明とコインランドリーで出くわすというギャグの前振りになっていました。

原作よりもKABE太人の描写が増えたため溜め回の印象が強くなった回ですが、KABE太人の描写が陰鬱なため、最初に現れた通行人のカップルやジャージ孔明のギャグさ加減が強調されています。

コインランドリーで孔明がKABE太人を勧誘し、ラップを披露するのは原作もアニメも同じですが、アニメではラップ時に派手な演出が入り、勧誘の際にもKABE太人のメンタルの弱さを孔明が指摘したうえで、で歌手と組むべきたという孔明の助言が追加。

孔明赤兎馬について語るエピソードもアニオリです。

臥して飽かず

孔明KABE太人の前で始めたラップの最後に出た『臥して飽かず』という言葉は、三国志演義に出てくる孔明が作った詩が元ネタです。

蒼天は円蓋の如し 陸地、棋局に似たり
世人黒白の分ありて 往来して栄辱を争う
栄うるものは自ずから安々 辱めらるるものは定めて碌々
南陽に隠君あり 高眠臥して飽かず

この詩の最後の一節を引用しているのですが、他にも『南陽に隠君あり 東京渋谷にKABEあり』など孔明のラップにはこの詩のフレーズが使われています。

『臥して飽かず』と言われたKABE太人が『サシで語る』と返した際、孔明の表情が変わりました。

  • 臥して飽かず(FU SHI TE A KA ZU
  • サシで語る(SA SHI DE KA TA RU

これはKABE太人が韻を踏んだ返しをしたことに理由があります。

また『南陽に隠君あり 高眠臥して飽かず』は『南陽に優れた人物がいるが、惰眠をむさぼり世に出る気がない』といった意味で、ラップを避けくすぶっているKABE太人を指す使われ方をしています。

横浜関帝廟

赤兎馬カンフーのスカジャンには、『yokohama』というアルファベットと関羽らしきキャラクターが描かれていますが、これは横浜関帝廟が元ネタだと思われます。

関帝とは神格化された関羽のことで、関帝廟はそのまま関帝を祀る廟。横浜関帝廟は横浜中華街にあります。

ベイビーフェニックス

5話の最後で孔明はベイビーフェニックスと口にしました。フェニックスを鳳凰と訳すと鳳凰の雛で、将来大物になることが期待される若い英才を鳳雛(ほうすう)といいます。

三国志では龐統という人物が鳳雛と称されていたので、これが元ネタでしょう。

6話

第6話 孔明's フリースタイル

孔明の言葉が気になったKABE太人がクラブBBに赴くとラップのイベントが開催中で、孔明の挑発に乗せられたKABE太人と孔明のラップバトルが始まり、孔明は敗北するもののKABE太人を仲間に引き入れることができたという流れの6話。

5話の『臥して飽かず』と『サシで語る』もそうでしたが、字幕がないため韻を踏んでいることが分かりずらく、そこがもったいないものの、何をどうやり合っているのか分かりずらかった原作に対し、音楽が入ることで対戦をしているのが伝わりやすくなっています。

ラップバトルの他に孔明の策も見逃せません。

  • KABE太人のメンタルを揺さぶる懐かしい歌を英子に歌わせる。
  • バーテンダーを介してKABE太人が注文したドリンクに胃の薬を仕込む。
  • そのうえで何も知らない顔で仲間に誘う。

時間をかけたラップバトルに注目がいきがちですが、2話や3話以上に策士な孔明が描かれました。

アニオリはKABE太人の過去が原作より濃い描写なのが挙げられ、5話では終始どんよりとした天気だったのに対し、回想ではラップに出会ったことで世界が変わったKABE太人の心境を表すように終始快晴の青空です。

また英子も脇役に回ることで、裏方だったりリアクションで可愛さを残しつつデフォルトされた姿でリアクション要員になっていました。

ラップバトル時にどんな言葉の応酬があったかは公式がTwitterで公開しています。↓

【Amazon.co.jp限定】パリピ孔明 VOCAL COLLECTION MEGAMORI!!(特典:メガジャケット)

新たに発表があった『パリピ孔明 VOCAL COLLECTION MEGAMORI!!』ですが、収録曲13曲のうち6曲が現時点で未公表。Amazonなどで予約可能で、公式サイトでは特典も告知済みです。

前回はこちら↓

www.mation-anime.com