nijigen_box

二次元中心の雑多なブログです。 何かの合間や寝付けない時にサクッと読めるものを目指しています。

アニメ『パリピ孔明』3~4話を振り返る【主従とも相棒ともいえない2人】

ノンテロップのオープニングが500万再生を突破し、挿入歌2曲のフルも新たに公開されたパリピ孔明

今回は3~4話を原作との違いを多めに振り返りつつ、孔明と英子の関係についても解説していきます。

3話

いつの間にか孔明が申請していた野外フェスに参加することになった英子。割り当てられたステージは悪条件のうえ、同時間帯に近くの大きなステージには人気インディーズバンドJET JACKETが。

そんな状況で孔明が策を講じ、JET JACKETのステージに集まっていた観客を一気にかっさらう流れは原作と同じですが、3話はアニオリが多く会場へ向かう際の竹下通りでのやり取りはすべてアニオリでしたが、会場入りしてからはアニオリは少ししかありません。

『人気のある人物と同じ時間帯になり、そちら目当てで集まった観客を周囲の環境を利用して引き寄せる』という点では2話と同じですが、英子側が仕掛けたという点で2話とは違います。

2話ではミアが自分に観客が集まる状況を作るため無名の英子を利用したのですが、孔明の策によって逆に利用されるという流れでした。

3話のJET JACKETは英子たちに対して挨拶として偵察をしにきたものの、英子たちには何もしていません。

ボーカルのRYOに喉が弱いという弱点があることを把握していた孔明が、機材トラブルのふりをしてMCに入った段階で英子が歌うよう仕組んだため、JET JACKET側がはめられ利用されたことになります。

そのため喉に効く薬を紹介したのも孔明なりに敵を増やさないための策をいえますね。

また今までクラブでしか歌ったことのない英子に、野外フェスという環境で歌うことで成功体験を与えるという目的もあったため、話の流れは2話と同じように見えても描かれていることは違います。


www.youtube.com

今回出てきた片方が青いニット帽をかぶった女性2人組ですが、オープニングの1分13秒あたりで1話で孔明をクラブに連れて行った2人組の右に少しだけ登場しています。

ちなみにJET JACKETのボーカルRYOを演じた赤羽根健治さんは、三国無双シリーズでは夏侯覇を演じていました。

4話

オーガナイザーの近藤が現れたことで、クラブやフェスでライブをしていた英子に、『サマーソニアに出演するため10万イイネ企画に参加する』という目的が新たにできました。

その後、英子が孔明に休みの日に何をしているかを聞き、一緒に遊ぶに行くのは原作通りですが、何を考えているのか分からない孔明にやきもきしたり、自分が知らない人物と仲良くしている孔明に不満な顔をする英子はアニオリです。

フェス後に10万イイネで英子とオーナーが悩むのもアニオリのため、英子の孔明に対する気持ちが重視された回になっていました。そのため孔明に対して不満な感情を見せる英子の描写がアニオリとしていくつも追加されていました。

うどん屋で英子が孔明に自分の家庭の話を少しだけしますが、これもアニオリで原作ではもっと後でする話です。

またクラブV3で孔明孟獲の話をするのもアニオリで、クラブのキャラクターは全体的に肌の露出が抑えめになっており、DJHAJIMARIも原作では両腕にタトゥーをつけていましたが、アニメでは長袖のシャツを着ることでそれが見えなくなっていました。

原作では自分が作った歌を孔明に聞かせたいけど言い出せない英子が、一通り遊びまわってからスマホとイヤホンを孔明の前に出す流れでしたが、アニメでは遊びまわる孔明に不満を持つ英子という要素や加わる構成です。

10万イイネが1つの投稿に対してなのか一定期間なのか分からないのは原作と変わっていません。


www.youtube.com

三国志に詳しい方なら、10万イイネで赤壁の戦いの10万の矢を連想した方がいると思われますが、エンディング(動画の44秒あたり)で孔明が想像するかたちで10万の矢の伏線がエンディングにあります。

2人の関係

孔明は自信を英子の軍師として策を講じ、4話で分かるように人脈作りに余念がありません。

英子も2話でミアの当て馬にされたときや、4話で近藤にどっちのイベントに出るか選ぶよう言われたときに、自分に自信が持てないため背中を押してほしくて孔明の意見を求めています。

2人の関係は孔明の視点だけでみたら主君と家臣ですが、英子はそんな風に思っていません。

英子にとっては頼りになる人物ではあるのですが、『孔明が何とかしてくれる』と頼り切らず、英子なりにできること(曲作り)を始めます。4話のアニオリでは遊び歩いている孔明に不満を持っても不貞腐れず、ランニングに勤しんでいる場面が追加されました。

2人の関係は相棒とも主従ともいえず、同じ目標を目指す2人という表現しかできませんが、それがパリピ孔明の魅力の1つといえ、2人の関係にはオーナーの存在も外せません。

オーナーは孔明三国志ネタを拾い、2話や3話では孔明の策への質問役に回るという絶妙な立ち位置にいます。英子に対しては保護者のように振舞い、4話では堅実な選択をするよう英子にアドバイスしました。

堅実なオーナーと大胆な策をとる孔明という対比にもなり、孔明にはない保護者の視線も持っているので、英子と孔明の関係は2人だけでも成立しますが、オーナーが入ることでその関係がより面白くなります。

前回はこちら↓

www.mation-anime.com

この記事ではバーテンダーの出番が増えるかもしれないと書いていましたが、実際にそうなったので予想が当たってうれしいです。

次回はこちら↓

www.mation-anime.com