nijigen_box

二次元中心の雑多なブログです。 何かの合間や寝付けない時にサクッと読めるものを目指しています。

『熱闘!パワフル甲子園』を振り返る【もう1つの栄冠ナイン】

f:id:nijigen_box:20220322141142j:plain 

4月発売予定の『eBASEBALLパワフルプロ野球2022』の栄冠ナインには、『秋の全国大会』が新しく導入されます。

パワプロの名前はついてないものの、パワプロの系列にあたるゲームがかつてニンテンドー DSで発売しており、そのゲームには同じように春季大会というものがありました。

そのゲームのタイトルは『熱闘!パワフル甲子園』。

パワプロの栄冠ナインを元に『栄冠への道』、『ひと夏の甲子園』、『激闘サバイバル』と様々なモードを用意し、単独のゲームとして発売した本作について取り上げていきます。

栄冠への道

f:id:nijigen_box:20220322141144j:plain

栄冠ナインに近く都道府県やユニフォームを自分で選ぶことができ、カードとマス目でキャラクターを成長させていくのですが、栄冠ナインにない要素として春季大会があります。

春季大会は5月に行われる2回戦までの大会で、春季大会の1回戦に勝つと夏の予選でシード校になり試合は2回戦からで、1回戦で負けると夏の予選は1回戦からでした。

1回戦に勝って2回戦に挑んだ時点で、勝っても負けても夏の大会ではシード校となります。

f:id:nijigen_box:20220322201821j:plain

試合も栄冠ナインと同じでカードを選択する形式で試合を進めていきます。

また『栄冠への道』の特徴として季節ごとに練習画面のBGMが変わるというものもありました。

春(3~5月)夏(6~8月)秋(9月~11月)冬(12~2月)の4つの時期に合わせて変わるため、結果がどうあれ夏が終わったときや、冬が始まったときのもの寂しさがBGMでも感じられます。

ひと夏の甲子園

こちらも基本的には栄冠ナインと変わりませんが、期間が4月から夏の大会の終わりまでと定められています。

少子化の影響で隣の学校と併合することになった高校が舞台。

途中現れる助っ人を加えながら甲子園を目指していくモードで、甲子園に出場できた時点で目的が達成されたことになり、1回戦で負けてもクリア扱いになります。

このモードの特徴としては他に『ステータスを上げるアイテムを何回でも使える』というものも。

栄冠ナインでは「みんなのためにならない」という理由でアイテムの使用が制限されますが、こちらではマネージャーの子が「こっちは今年の夏しかないんだからそんなこと言ってられないよ!」とメタな台詞を言います。

激闘サバイバル

育成要素のない試合だけのモードで、『9回裏ワンアウト一塁三塁から2点入れる』といった課題をクリアしていく構成で、巻物というアイテムを使うことで自チーム側を有利な状況にすることができます。

またボスとして猪狩兄弟のいるあかつき大付属高校や、早川あおいのいる恋恋高校がボスとして登場しました

来たれ!マネージャー

f:id:nijigen_box:20220322204418j:plain

すごろくでマネージャーを育てるミニゲームで、サイコロを回して止まったマスでステータスが上下します。

ここで育てたマネージャーが栄冠への道に登場しました。

他にも通信要素があり、Wi-Fi通信やワイヤレス通信で他のプレーヤーと対戦できたのですが、現在通信要素は利用できません。

様々なモードを遊べる本作ですが、中でもひと夏の甲子園は別のかたちの栄冠ナインとして面白く、実況向きで1人でやるのも複数人で対戦するのにも向いているので、何らかのかたちで復活しないかなと思ってしまいます。